ブリッジについて


ブリッジとは

 ブリッジは抜けた歯の両隣に歯が残っているときに適用されます。
抜けた歯の両隣の歯を支えにして、橋を架けるような形で抜けた歯を補う装置のことをブリッジと言います。
 

<ブリッジの製作手順>

・抜けた歯の両隣の歯を削って歯型をとります。
・橋を架けるように抜けた歯を含めて3つのクラウンを繋いだ形の装置(ブリッジ)をつくります。
・削ったところにブリッジをかぶせ、しっかり接着して治療を完了します。
 
 

<歯が抜けたあと放っておくと・・・>

 抜けた歯をそのままにして放っておくと、空いている空間に向かって歯が移動し、少しずつ歯並びが悪くなっていきます。
そうなると咬み合わせが悪くなり歯や歯ぐきに負担がかかります。
また、むし歯や歯周病にもなりやすく、残った歯まで失うことになりかねません。

 
 つけ外し式の入れ歯に対して、ブリッジは歯に固定していまうため、違和感も小さくしっかりと咬むことができます。
しかし、取り外しができないためにプラーク(汚れ)が溜まりやすく、歯磨きを怠るとむし歯や歯周病になってしまいますので、よくブラッシングすることが大切です。

 診療日時
         
 
 9:00~
12:30


15:00~
20:00

診療は<予約制>となっております
休診:日曜・祝日・(火木土)午後


診療カレンダー
 2018年2月
     
      1 2 3
      ※1
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
※2
19 20 21 22 23 24
※1
26 27 28 3/1 2 3

 ○ : 平常通り
※1: 9:00-11:30 
※2: 9:00-11:30 、16:00-20:00
 


伊丹市市民総合歯科健診